Nanairo珈琲について

 Nanairo珈琲

工房での焙煎作業

工房での焙煎作業

Nanairo珈琲は自家焙煎珈琲の挽き売り専門店として、2006年2月に三重県桑名市に誕生しました。 3年間ほど焙煎技術を磨いた後、2009年2月15日nanairo coffee店を桑名駅前サンファーレ北館2Fにて開業。nanairo coffee店では、コーヒーを飲んで頂けるのはもちろん、豆の挽き売り販売も致しております。

専門店としてはまだまだこれからのNanairo珈琲ですが、少しずつ成長していく姿を見守っていただきたいと思います。

珈琲について

珈琲といっても色々な種類があります。たとえば、 缶コーヒー・インスタントコーヒー・レギュラーコーヒーなどなど・・・。それぞれ味は好みです。美味しい・マズイとは言えませんが確実に本物の良い珈琲は存在します。ほんの少しの時間と珈琲との出会いで楽しい時を過ごしてみませんか?

5kgずつ丁寧に焙煎しております

5kgずつ丁寧に焙煎しております

珈琲を他の物にたとえると、お米やワインに似ています。農作物ですから、品種・気候・土壌・その年の出来・輸送形態などに左右されます。 ですから生豆を選ぶ事は大変重要になります。当店では、できる限り良い物をと言うことで、スペシャルティーコーヒーと呼ばれる高品質の生豆を仕入れております。

焙煎の工程に入る前に、まず生豆を選別します。未成熟豆・貝殻豆・死豆・虫食い豆・小豆・石などを取り除き粒の揃った良い豆にします。この作業をハンドピックと言います。このじみちな作業をする事によってよりクリアな味がうまれるのです。

次に生豆を飲める状態に煎らなくてはなりません。この作業が焙煎です。これこそが当店Nanairo珈琲の一番大切な仕事です。

焙煎とは、ただ豆を煎ることと思われるでしょうが、その生豆に合った焙煎をすることがとても重要です。それは、豆によって大きさや含水量や個性がまったく違うからです。その豆の個性を最大限に引き出す煎り具合があり、そのポイントが一致した珈琲豆は最高の味・色・香りを作りだします。

当店がお届けする珈琲豆は、このような想いで焙煎した特別な豆です。是非一度お試し下さい。良い珈琲を知って頂きたい。そして少しでも多くの人との出会いを大切にしていきたい。それがNanairo珈琲の思いです。 日々良い珈琲を煎り、多くの人に味わっていただける。その事こそが私の一番の喜びです。